詩歌いの井沢彩萌***私的アトランティス 


by ayamelody
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

朝崎郁恵さん

引っ越しをしてから、気づいた。

前のおうちの神社に 
ちゃんと挨拶をして
出てこなかったこと。

なんで 守ってくれたお礼も言えずに あたしは出てきちゃったんだろう。
それを考えると気持ちが沈むので 行ってきました。

その日は晴れた夕暮れ。
副交感神経が刺激されて 気持ちがふくよかでした。

柄杓で手をお清めしていたら、

家屋の奥から、三味線が聞こえ、その上に手拍子が重なって
それから歌が聞こえてきて、

あまりの気持ちよさに誘われて、

何の歌かな、もっと聞きたいな これは奄美の島唄かな?

と思いながら、吸い込まれるように あたしは玄関に入っていった。


しばらくして
中から女主人さんが「何か?」と出てきて

なんだか、昔話みたいな展開にキョトンとしながら
「えっと、歌が聞きたくて。」とあたしは答えて、中で何をしているのかを尋ねた。

奄美の歌の稽古が行われているんだよ と教えてくれて、

あたしの直感、ピンときた。

中に居るのは 朝崎郁恵さんに間違いない。


そのとき、そう願ったから。

同じ町に住んでいるのは知っていたけど
ずっと会えなかった。






はぁ
やっぱり。


「あがんなさい」と言ってくれて

朝崎さんとお弟子さんたちが
私たちの突然の訪問に
びっくりしながら、
「あなたたちが、来てくれたこと、神様が引き合わせてくれたことよ。歓迎の歌を歌うわね」

歌と踊りを2曲
プレゼントしてくれた。


あまりの波動に
あまりに、その表情が綺麗で
あたしは泣いてしまった。恥ずかしかったので
引っ込めながら 泣くようにして
最後は一緒に踊りました。

朝崎さんと
そしてお弟子さんたちと
あたしたちは
完全にシンクロしていた。
今日が最初の出会いではけしてなかったの。

最後の挨拶をしにきた今日の、この逢瀬、
不思議な気持ちになりました。

ここまで長く書いておきながら、
言葉ではうまく伝えられないや。



朝崎さんがくれた 奄美のみかん。
d0140655_23414941.jpg










そんなわけでこの機会に
みなさんも朝崎郁恵さんの歌を知ってください。


音楽ってとことんすばらしいです。

感謝。
[PR]
by ayamelody | 2009-10-02 22:18 | off 私生活