詩歌いの井沢彩萌***私的アトランティス 


by ayamelody
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

woman

d0140655_2094575.jpg

あたしがジェーンバーキンを好きになったのは16歳の時だったと思います。
フランス語の流れるような響きに「なんて美しい語感の言語なの!」と
フランス映画や音楽に夢中に。
そわそわフランス語を喋りたくて
学校にも通ってしまいました。あぁ懐かしい!
今は大半忘れちゃったけどね。。



4月6日渋谷クラブクアトロ
ジェーンバーキンの愛あるアクション。
震災復興支援無料コンサート「Together for Japan」
へ遊びにいかせてもらってきました。メルシー。
d0140655_20424648.jpg
彼女に賛同した日本のアーティストたちが
音楽の他、朗読、ダンスパフォーマンス。
ジェーンバーキンへの敬意と
彼女の母性に包まれた感動的な1夜でした。

長い時間を生きてきた彼女の素晴らしさの1つ。
それは清潔感。だなと思いました。
自分の立ち位置、そこからの役割を完全に理解し
体1つで動いている感じ。
それって、エバーグリーンな清潔感だなと思うのであります。

あと
個人的に楽しみにしていた
女優の寺島しのぶさんの朗読。
彼女が選んだのは茨木のり子さんのこの詩。

この詩は昭和戦後、
1人の女性の戦争のその背景を描いたもので
震災とは違いますが
最後の光差し込む余韻に、あたしは泣いてしまいました。
この震災と重ねて
「再生」という重みへの涙。
d0140655_21245119.jpg



あたしの祖母の兄弟は2人、広島と長崎の原爆で亡くなっていて
不謹慎と取られるかもしれませんが
子供の頃から戦争の話を聞かせてもらうのが、
好きでした。
そこから色んな想像をして
考えるのが好きでした。

翌日祖母に電話をしました。

あ「何をしていたの?」
祖母「一息ついて、詩でも書こうかなと思っていたとこよ。」

茨木のり子さんの作品は
とても男らしいのですが
でもその媚のない
凛々しさは
男らしさは
男性にはなく、
女性だけが持つ強さなんだと思います。

woman.


[PR]
by ayamelody | 2011-04-13 20:43 | off 私生活