詩歌いの井沢彩萌***私的アトランティス 


by ayamelody
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

歌詩と出産まで

洒落た嘘で
すぐ嘘とわからない嘘で
でも、1杯のお茶を飲んだら、嘘とわかってもらえる嘘で
そうやって嘘だとわかったら なんとなく笑いが起きるような
そんな嘘を考えていたら
あたしは
とっておきの嘘をつくことに 頭をひねることがバカらしくなり
自分には瞬発力がたりない!火事場の底力こそ男の色気だーとかまたわけのわからんことを思い出して
頭がbossa nova!
洗濯物まわしたけれど干せてないやんと
太陽の位置が気になって
咄嗟に 本当にどうでもいい、それこそ頭の悪い嘘をついてしまう私です。



このブログに
「歌詩を載せて欲しい」
と ときどき 言われるのね。

歌詩って そのままで 字ずら で読むより
絶対歌聞きながら追いかけたほうが 味がおちないと思うから
あたしも人の歌詩だけ読んで、ゲンナリすることも多々あるし
あんまりそういうのしないんやけども。

というのは、あたしは歌詩から あんまり創らないからかな。
曲と詩はほとんど同時進行か
または曲からで、
メロディーに合う言葉
言葉に合うメロディーをピアノまたはギターに乗っけながらつかむ。
自由やけれども、
その言葉の持つリズムを捕らえるように。
リズムを死なせてしまうことがとっても怖いな。

理論のことは残念ながらまったく考えてない。
いつまでも初心者 手探りで
頭でなってる音を ただ探して形にするって感じ。
このテンションの音、ベースはこうか。みたいな。1人で納得!盛り上がって号泣!みたいな。

曲を作るペースが早いらしく、名曲ばかりやので、
どうやって作っているのかと聞かれるけれど
たいしたことは何もしてないので困ります。

話がそれた。

歌詩の字ずらの話。

ま 歌詩だけ単独で見せる となると
それは歌詩ではなくて「詩」の作品を見てもらいたいと思うし、
ポエトリーもしたくなるし、絵本も小説も書きたくなる

でも角度を変えてを言ったなら
1つの“違う見せ方”で気持ち悪くていい。
違う見せ方とは 違う取り方ということだろうから。
字ずらにこだわって歌詩を書くのも1つだなと思いました。

気持ち悪いAMラジオを聞いていたせいかもしれません。
最近悪趣味なこともいいなと思えてきました。
自分が悪趣味な気がしてきたからかもしれません。

要は
歌詩ときどきアップしようと思ったエイプリルフール。どうでもいいな。
あ、どうしよ
ここまで書いてどうでもよく思えてきたぞ。

臨月です。
[PR]
by ayamelody | 2008-04-01 22:57 | ドレミファ music