詩歌いの井沢彩萌***私的アトランティス 


by ayamelody
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スーパー原田

新月。
それに雨。

秋分の日を過ぎてから
急に寒くなってきて
今日なんか、長袖でも寒い

一度家に帰ってきて
ファーのマフラーをクローゼットから引っこ抜いて
また駅へといそぎました。

突然ですが
私の家の近所の「スーパー原田(仮)」の話。

家族経営みたいで、
お父さんがたな卸しをして、お母さんはときどき顔をだして
まだ若い娘さん、息子さんが日替わりでレジを打っていました。

節電のためか、昼間はほとんど店内の電気は使われず
なんとなく薄暗く、音楽も流れておらず、
そのため、食べ物もお世辞にもイキイキしてるようには思えなかったですが、その甲斐あって、とても良心的な価格で
懐かしい空気をかもし出す、あったかいスーパーでした。
ですから私は影ながら応援していました。

自分が旅へいくときは、
「原田さんはこの年中無休のスーパーを閉められないから
旅行にももう何十年も行けていないのかもしれない。大変な仕事だ。
私なんかよりずっと偉いな。
でも、こんな私が今から変わりに行ってきますからね!」と
勝手に思って、のこのこ横を通っていたのです。

そんなスーパー原田も
“早いもの勝ち”と今日は全品3割引。
いつになく太っ腹じゃないか!というのは冗談で、明日いっぱいで店がなくなってしまうのです。

周りの住民が別れを惜しんで訪れているのでしょうか
もうほとんど商品はなく、白い棚がむき出しになっていました。

そして“売り切れゴメン!”と最終日の明日は全品5割引とのこと。
この雨も相まっての寂しさでもう喜んで買い物に行く人はいないように思うのですが
原田一家がこれからどのような仕事をしていくのか
本当に余計な心配や妄想を抱いている私です。

おバカ~

本当はもっといい商売があって、そっちに移行するための店じまいなのかもしれないし
新天地に羽ばたいていくのかもしれないのにね

今からおとなしく新月の願い事を紙に書き出したいと思います。
[PR]
by ayamelody | 2008-09-29 22:27 | off 私生活